独自の処理システム

未来の地球のために、
100%リサイクルによる廃棄ZEROへ。

ジェネスの中間処理工場では、収集運搬したすべての建設副産物(産業廃棄物)を
手作業と機械で徹底選別し、100%リサイクルを促しています。

建設副産物は、ただのゴミではありません。

もう一度資源として活用するために、
独自の処理システムで廃棄ZEROを目指しています。

ジェネスの処理システムのフロー

  • 解体事業
  • 収集運搬
  • 中間処理工場
  • リサイクル工場
  • 安定型最終処分場

解体事業

リサイクル率を高めるエコな解体工事を実施。

解体 ジェネスでは、多くの産業廃棄物が発生する解体工事も行っております。自社の中間処理工場で培った選別ノウハウを活かし、産業廃棄物を適切に分別しながら撤去することで、リサイクル率を高めています。

解体事業について詳しく見る

収集運搬

関西一円で様々な産業廃棄物を取り扱い可能。

収集運搬 建設副産物をはじめとする産業廃棄物の収集運搬は、きちんと許認可を得た業者に委託しなければなりません。ジェネスでは関西一円の許認可を得ているため、幅広いエリアのお客様のご要望に対応できます。

対応エリアについて詳しく見る

中間処理工場

手作業と機械による徹底選別で、“NO WASTE”を実現します。

京都市内にあるジェネスの中間処理工場には、
日々関西一円の建設副産物(産業廃棄物)が集められ、
リサイクルや最終処分を行う前に必要な処理が行われています。

この中間処理工場の大きな特徴は、
手作業と機械によって建設副産物を選別していること。

作業効率を高めるコンベアと人の手がメインの選別方法を取り入れた、
ジェネス独自の処理システムを構築することによって、
私たちジェネスは100%リサイクルの実現を追求し続けています。

  • ピット
  • 選別
  • 破砕機
  • 受入れ
中間処理
中間処理工場の処理システム

・より高度な処理を行うために機械と人力を導入
・熟練のスタッフが手作業で産廃物を徹底選別
・選別された産廃物は品目ごとに適切に保管
・ガラスくず・陶器くず・木くずの破砕機あり
・その他の破砕機や圧縮・梱包機も完備
・電子マニフェスト対応で処理方法などを確認可能

ジェネスの受け入れ可能品目はこちら

リサイクル工場

徹底選別した産廃物を新たな資源として活用。

リサイクル 手作業と機械で徹底選別された建設副産物(産業廃棄物)は、品目ごとに保管されたのち、リサイクル工場で新たな資源として生まれ変わります。ジェネスの最終的な目標は、この再資源化率を100%にすることです。
産廃物のリサイクル例

廃プラスチック

固形燃料・水道管・セメント原燃料・廃棄物発電など

紙くず

ダンボール・トイレットペーパー・印刷用紙など

木くず

再生紙・バーティクルボード・バイオマスエネルギーなど

金属くず

鉄材などの新たな金属資源として再利用

ガラスや陶磁器くず

床用タイル・ガラス原料・窯業原料・セメント原料など

がれき類

再生骨材・路盤材・アスファルト合材・再生砥石など

安定型最終処分場

どうしてもリサイクルできない建設副産物(産業廃棄物)は、
大津市にある最終処分場に埋め立てて処理します。

ジェネスでは、できるだけ環境に負荷を与えない
安全な形で処分しておりますので、ご安心ください。

行政区分 大津市
事業区分 中間処理 最終処分
許可番号 11540000229
許可年月日 H27.11.16
許可有効期限 H34.11.14
処理方式 破砕 安定型埋立
施設名称 リサイクル用
破砕機
安定型
最終処分場
施設設置年月日 H7.10.2 S60.7.1
処理能力 1.040t/日 1,471,998,225m3
廃プラスチック類
ガラス陶磁器くず
がれき類
安定型最終処分場
安定型最終処分場